FANDOM


AIレイのデータ
肖像 Now printing
性別
年齢(CE78当時) 不明
生年月日 CE73 誕生日未定
所属 リヴァイブ
階級・肩書き なし
愛機 ダストガンダム
二つ名 なし
登場作品 「Revival」

概略編集

かつてZAFTのエースとしてシン=アスカと共にラクス=クライン達と戦った少年、レイ=ザ=バレル。自らの死期を悟っていた彼は、彼自身の意思と記憶をAIに組み込み、ひそかにデスティニーガンダムの中に組み込んだ。戦後、ロンド=ミナ=サハクによって現在の形に改修されシンに引き渡される。

戦後世界を放浪するシンを支え続け、彼が自暴自棄にならずにすんだのはAIレイに依る所が大きい。シンにとっての心の支えであり、掛け替えの無い友人である。

本体は8とほぼ同じサイズで、持ち運び可能である。本体をコクピット組み込めばモビルスーツの操縦も行う事ができるが流石にオリジナルの様なエース級の活躍はできず、基本動作が行える程度に過ぎない。腕時計型の端末兼通信機を身に着けることで、本体と離れていても会話を含む情報のやり取りが可能。さらにサングラスに仕込まれた機構により、身につけた者とほぼ同じ視覚で対象物を認識可能になるため劇中にてシン=アスカが腕時計と合わせて身に着けている。ただし、本体から離れすぎるとニュートロンジャマーの影響で通じなくなる。


物語における役割編集

物語当初においてはソラ=ヒダカリヴァイブの面々とのパイプ役を担う。また物語中盤~終盤において破壊される際にシンに対する成長要素となる。

関連する出来事編集

関連する人物編集

特記事項編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。