FANDOM


概要編集

今作のメインテーマに位置づけられるテーマである。言葉の表すとおり、今作では賢者と愚者の対立構造が主軸にすえられている。

賢者とは?編集

賢者とは統一地球圏連合における支配者階級全般を指す。特にラクス=クラインカガリ=ユラ=アスハキラ=ヤマトアスラン=ザラの四人がその象徴という位置づけとなる。

彼らを賢者としている実体は何であろうか?

それは「独善」である。

彼らに共通してある思いには非常に狭い範囲での正義が根底に流れており、その多くが、自分の知るものの幸せを願う思いから生じている。

基本的に彼らは自分自身にさほど頓着していない。自らの幸せを勝ち取るために何かをするというような、主体的な思想は皆無に近いのが実情である。

彼らの思いは主に隣人に向けられる。その思いゆえにキラ=ヤマトは当時のオーブ連合首長国主席であったカガリ=ユラ=アスハを政略結婚から「救い出し」、カガリ=ユラ=アスハオーブ連合首長国軍の戦闘行為をとめるために「身を挺して止め」ようとし、それまで絶対に表舞台に出ようとしなかったラクス=クラインミーア=キャンベルの死を目の当たりにして、表舞台に出る「覚悟を決め」、アスラン=ザラは個をないがしろにするギルバート=デュランダルの政策に「反抗の狼煙をあげた」。

つまり、彼らの正義は常に他者の不幸を払拭するためにあったのだ。

キラ=ヤマトカガリ=ユラ=アスハのために、カガリ=ユラ=アスハオーブ連合首長国軍の命のために、ラクス=クラインミーア=キャンベルの生きてきた証のために、アスラン=ザラは個がないがしろにされることを防ぐために。

そのいずれもが、非常に狭い見識に基づいた判断であったことは否めない事実といえる。

5年の歳月は彼ら4人にも変化を与えてはいる。しかし、「隣人を救いたい」という思いは依然として彼らの奥底に流れ続けているのである。

つまり、今作における賢者とは「優しき絶対者」に他ならないわけである。

愚者とは?編集

コズミックイラのこの世界において、一般大衆は常に愚民として描かれ続けてきた。大衆は支配者階級の情報操作により、時にはプラントを、時にはオーブ連合首長国を、時にはロゴスを敵と認識し、多くの血と財産をつぎ込んでいった。

今作は、彼ら大衆がテーマの一翼を担うことになる。

多くの不幸と惨劇が渦巻く世界の中で、彼らは必死に生き抜いていく。人は自分の愛するもののために、隣人を裏切り、貶め、そして殺していく。

全ては愛するものを守るために、大衆は自らを変容させていかざるを得なかったのである。

あるものは愛するもののために圧政を敷く政府に対してテロ活動を行い、あるものは終わることのない貧困の中で絶望と必死に戦いながら泥水をすすり、あるものは自らの信条を省みることなく、政府の犬と成り下がった。

時に、愚者は賢者と戦い、愚者と戦い、自らと戦う。

今作における愚者とは「あがきながら生き続けるもの」である。

賢者と愚者の対比編集

ここまでの賢者と愚者の説明を見て、懸命なる皆さんはお気づきかもしれない。

ラクス、キラ、カガリ、アスランもまた愚者なのでは?と

まさにその通りである。

この作品に出てくる全ての人物は「愚者」として描かれる

賢者とは世界が彼らに望んだ偶像に過ぎないのである。混乱に満ちたこの世界は秩序を求める。それがたとえ、自ら勝ち取る必要の無いかりそめの秩序であっても、である。

彼らは忠実に世界の求めに応じて「賢者」たらんと努力する。その姿はまさに「愚者」そのものなのである。

テーマの表現方法編集

状況編集

賢者の絶対正義と愚者の試行錯誤の対立は、多くは統一地球権連合レジスタンスの対立の形をとって表現される。しかし、賢者の前には多くの愚者が横たわり、多くの場合、愚者の試行錯誤は賢者の絶対正義に届くことすらない。

それでもあがき続ける愚者が次第にまとまり、ひとつの力を持つ。

今作ではこの愚者の集結、協力こそが愚者の試行錯誤の結果と言える。他者を敬い、尊重し、協力する。その上で初めて人は未来への扉を開くことになる。

その扉こそ、賢者へと続く扉となる。

人物編集

ソラ=ヒダカは多くの愚者を目の当たりにする。

レジスタンス達は戦い続ける愚者として、各国の要人達は守り続ける愚者として彼女の前に現れる。そしてジェス=リブルのようなジャーナリスト達はつなぎ続けるものとして。

彼らの行動はソラの中にひとつの正義を形作っていく。それが「ソラの正義」である。自分の中に芽生えた正義にしたがってソラは行動を起こしていく。

その行動は、世界中の愚者をつなげ、動かしていく。

これは普通の少女が優しき愚者となる物語である。

テーマの核心編集

このテーマの核心はどうしようもないほどの現実を克服しようとする愚者が、自らの信じるものを押し付けるのではなく、共有することによって世界は変わっていくという理想論である。優しき愚者が世界を救うという希望である。

人は信じられるという性善説を信じる物語である。

関連するテーマ編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。