FANDOM


主権返上のデータ
計画年月 CE75
主体組織 統一地球圏連合
目的 地球圏全体の完全な統一と恒久平和
計画規模 統一地球圏連合全体

概要編集

CE75 9月下旬に連合最高議会で主席カガリ=ユラ=アスハより提案された議案。

各国家が、軍事・外交・内政などの政治権力の一切を統一地球圏連合政府に返上、地球圏に真に統一された国家を建設しようというものだ。 これにより各国は、統一地球圏連合政府の支配下における一行政府になり、名実共に国境や国際問題が解消される。

特に軍事・外交の大権が各国から取り上げられることで、戦争や紛争、内乱の危機も無くなるという事になる。

背景編集

主席カガリ=ユラ=アスハや親オーブ国家が特に強く推進し、賛成派を形成している。 特にスカンジナビア王国赤道連合大洋州連合主権返上を公的に宣言している。

しかし一方で、オーブに警戒感を抱く旧連合陣営の国々や、独立心の強い国々はこれに反発。 反オーブ派となっている。 そしてこれら両派を様子見する中立派が存在する。

法案はCE78年に至るまで可決されず、各国の主権は保たれたままである。 (統一連合直轄地の西ユーラシア、オーブ併合されたプラントは除く)、 統一連合最高議会はこの問題を中心に三派に別れ紛糾、いずれも多数派を作る事が出来ないまま、にらみ合う関係が続いている。

未だ法案が可決・施行されていない現在、オーブを含め主権返上を宣言した国々は、暫定処置として統一国家へのモデルケースを作るべく、安全保障や経済における相互条約を結んだ。

関税障壁の撤廃や同一通貨、法規の統一など数々の施策を推進し、まずは共通経済圏を作ろうとしているのだ。

これらの国々は世界随一の強国となったオーブの恩恵を受けているといっても過言ではなく、これがより反対派を強硬にさせている要因にもなっている。

目的・効果編集

戦争の原因である軍事力を各国から取り上げる事で、世界平和を恒久なものとするのが目的。 また全てが統一された政府の元に統治されるので、国家間の問題の一切が消滅する。

名実共にオーブの理念である「他国に侵略せず、他国の侵略を許さず、他国の争いに介入せず」が世界規模で実現するのである。


物語における役割編集

関連する組織編集

関連計画編集

特記事項編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。