FANDOM


ローゼンクロイツのデータ
国旗等 No flag
拠点 不明
規模 弱体化傾向
代表 ミハエル=ペッテンコーファー
関連組織 東ユーラシア共和国

バルト独立同盟

革命政権

概略編集

CE74~75年のユーラシア東西内戦の終結に不満を持ち脱走した部隊が中心となって結成した武装組織が基のローゼンクロイツである。 この組織はCE78年1~4月の九十日革命の中心的役割を担った武装組織の大御所と言えよう。

結成初期はベルリン近辺の組織だったが、各地の勢力を取り込むことで急速に勢力を拡大し、九十日革命の蜂起によって革命政権と名乗りモスクワに政府を打ち立てた。 しかし革命は敗北に終わり、先代の指導者だったアルベルト=ウルド=メルダースは死亡し、壊滅。

それをナンバー2だったミハエル=ペッテンコーファーが残存の革命軍部隊とともに再結成した武装組織が現在のローゼンクロイツである。

弱体化傾向にあるとはいえ武装組織の中では未だに極めて巨大な組織であり、革命敗北の教訓を学びシベリアの奥地でひっそりと蜂起のときを窺っている。 その一方で遠方に位置するはずのガルナハンに援軍を送ったり、案外支部は各地にあるのかもしれない。


物語における役割編集

関連する出来事編集

ユーラシア東西内戦

九十日革命

キエフ攻防戦

関連する人物編集

組織メンバー編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。