FANDOM


ルタンドのデータ
型番 GWE-MP006L
種別 モビルスーツ
武装 イーゲルシュテルン×2

ビームライフル×1

ビームサーベル×1

アンチビームシールド×1

全長 18m
重量 79t
搭載人数 1名
利用組織 統一地球圏連合
外見 Rutand

特徴編集

現行主力モビルスーツマサムネ、そして次期主力モビルスーツであるストライクブレード。両機共に非常に高い性能を誇るが前者は可変機故の複雑な操作性 、後者は複数のストライカーシステムを採用した事による高コスト化という難点を抱えていた。

その為主力と謳われてはいるものの実際にはコスト、操縦難度の面からエースや熟練パイロットの部隊を優先した配備となっており、CE76の時点では一般の部隊の主戦力は未だにウインダムザクウォーリア、下手をするとダガーLゲイツといった旧式のモビルスーツであった。そのため大きな問題として短期間で様々な組織や地域、特にザフトを併合した弊害として旧式機は規格の違いが整備、補給面の混乱等を引き起こしていた。統一地球圏連合発足から一年近くが過ぎていたにも拘らず戦力の刷新は難航していたのだ。これらの解決策として統一連合上層部は主力の高級量産モビルスーツと並行して誰にでも扱え、部品規格の統一を進めやすく、しかもコストの安い量産モビルスーツ開発を決定する。それが本機『ルタンド』である。

誰にでも扱えて信頼性が高いというコンセプトの元に開発されているため既存の技術のみで構成されており、機体自体にはストライカーやフェイズシフト装甲のような目を引く特徴は無い。しかし、コストの割に性能は高く、何より初めてモビルスーツに乗るような新兵であってもある程度扱える程の破格の操作性をもつ。その名の通り『心地良い』モビルスーツと言えるだろう。CE70年代後半において最も量産されているモビルスーツである。

ジンダガーを足して2で割ったような外見(ジン系の翼状のブースター、安定感のあるシルエット。ダガー系の頭部や武装等)のため軍歴の長い者からは「節操がない」「これぞナチュラルとコーディネイター融和の象徴」など賛否両論であるが扱いやすさに関してはあらゆる層から高い評価を受けている。なお、地上では重量増加と脚部構造の脆弱化から取り外されているが、本来は脚部に増加スラスターが取り付けられている。

現在では世界各地に多数配備されており、その高い汎用性とコストの安さ、余裕のある設計から運用する地形に特化した派生型が数多く存在している。


物語における役割編集

序盤から中盤にかけての統一地球圏連合側の一般向け量産機。

関連する人物編集

特記事項編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。