FANDOM


概要編集

リヴァイブは地球圏全土に広がるレジスタンスの一つである。多くのレジスタンスがそうであるように、リヴァイブも目的に従い活動している。

その目的こそがリヴァイブの正義である。

リヴァイブの土壌編集

リヴァイブ東ユーラシア共和国コーカサス州の都市ガルナハンに根ざしたレジスタンスである。

ガルナハンはカスピ海の西にある電源プラント群を背景に発展した都市であり、旧ユーラシア連邦においても、重要なエネルギー拠点として栄えた都市である。しかしこの地域は旧世紀からの侵略の歴史に彩られている。地下資源の枯渇したコズミックイラの世界においても、その戦略価値は色あせることはない。

CE78において、ガルナハンを含むコーカサス州は紆余曲折の末に東ユーラシア共和国に編入されている((詳細は東ユーラシア共和国独立宣言を参照のこと))。東ユーラシア共和国ガルナハン地方に圧制とも言える、非常に重い税率を課している。

この税率はブレイク・ザ・ワールドによって疲弊したガルナハンにとって非常に大きな足かせとなっていった。かろうじて生き残っていた電力プラントをフル回転し、電力資源を他の東ユーラシア共和国の各州に供給し続ける。そのことにより、東ユーラシア共和国の各州は復興のめどがついているという側面はあるものの、同時にガルナハンの地方財政は破綻寸前まで追い込まれることとなった。

結果として多くの餓死者が発生し、ガルナハンの総生産は極端に低下してしまうこととなった。この圧政に対し、ガルナハンにおいてレジスタンス活動を産んだのはごく自然な流れと言うことができるだろう。

しかし、ガルナハン自体は疲弊しきっており、レジスタンス活動を行うことが出来るような余裕は無かった。そんな場所にコーカサスの夜明けの残党であるリヴァイブが舞い降りたのである。

リヴァイブの目的編集

リヴァイブコーカサス州の分離独立を実現することにより、不正な税率の是正を行い、この地方を正常化することを直接の目的としている。

そのために、リヴァイブレジスタンス活動をコーカサス州で展開しているが、事実上の戦力はダストガンダムシグナスなどごく限られたもののみとなっている。結果としてその活動はゲリラ的に東ユーラシア共和国軍に対して抵抗運動を起こし、ごく小規模な自治区を確保するのみとなっている。

リヴァイブの正義編集

多くのレジスタンスは、現実に抗うことを正義としている。リヴァイブもその例外ではない。リヴァイブコーカサス州の人々の幸せのためにあり、他の地方のことはその正義には含まれてはいない。

このことは作品の主人公サイドである組織の正義としては非常に狭い見地に立ったものといえるだろう。しかし、その狭さゆえに描き出される現実があり、その上であがき苦しむ。

リヴァイブの正義とはあがき生み出すことである。

テーマの表現方法編集

状況編集

リヴァイブは多くの戦いを経て、わずかな幸せと多くの不幸を産み出していく。この状況は世界の状況そのものであり、その状況のなかで人々はあがき、生き抜こうと努力していく。

人物編集

ユウナ=ロマ=セイランリヴァイブで人々が自らつかむことの出来る人生を模索し、そのために多くの血が流れることを目の当たりにする。そのことに彼自身は責任と自負を感じ、さらに過去が彼を縛り付け続ける。

その呪縛に抗うものとして彼は表現されていく。

シン=アスカは抑圧されるものの姿を目にしながら、自分の正義を模索し続けます。その正義の行き着く先は「復讐」。そして「変革」。彼はどこに向かっていくことになるのか。

テーマの核心編集

「あがき」と「苦しみ」

これがリヴァイブの正義の本質と言える。

関連するテーマ編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。