FANDOM


モルゲンレーテ社のデータ
国旗等 No flag
拠点 オーブ連合首長国オノゴロ島
規模 大規模国営兵器産業廠
代表 未定
関連組織 オーブ連合首長国

統一地球圏連合

概略編集

統一地球圏連合の主体となっているオーブ連合首長国オノゴロ島に本拠を構える国営兵器産業工廠。

非常に高い技術力と生産能力を持ち、他国の非公開新鋭艦の修理を短期間で完全に行えるほどである。 主にオーブ軍や親オーブ国家軍に兵器を供給しており、その事実はオーブの議会での発言力強化にも役立っているほどに影響力の強い工廠である。

この工廠が世界的に有名になったのは、CE71年1月にヘリオポリスで発生した旧ザフトによる試作機強奪事件であろう。 このときモルゲンレーテは極秘に旧連合の中心国大西洋連邦と密約を結び、同国の最新技術を結集した新型モビルスーツの開発を生産拠点のあったヘリオポリスで開発、製造したのである。

この強奪事件で強奪され旧ザフトに渡った4機と辛うじて強奪を免れた1機は鬼神のごとき活躍をし、その後のモビルスーツ設計に影響を与えたが、製造過程でモルゲンレーテは不正に大西洋連邦の技術をフェイズシフト装甲を除いて私物化に成功し、それを生かして自国の新型モビルスーツM1アストレイを開発、生産に成功した。

その後、モルゲンレーテはムラサメアカツキなどの最高水準の新型機を次々と開発し、プラント併合でプラントの軍需産業MMI社を吸収してからはさらに飛躍的に規模を拡大し、名実共に世界トップの軍需産業へと成長した。

物語における役割編集

関連する出来事編集

プラント併合

試作機強奪事件

関連する人物編集

カガリ=ユラ=アスハ

ウズミ=ナラ=アスハ

エリカ=シモンズ

特記事項編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。