FANDOM


ムウ=ラ=フラガのデータ
肖像 Muu
性別
年齢(CE78当時) 35歳
生年月日 CE43 11月29日
所属 統一地球圏連合宇宙軍
階級・肩書き 統一地球圏連合大将
愛機 黄昏
二つ名 エンデュミオンの鷹
登場作品 「SEED」「Destiny」「Revival」

概略編集

統一地球圏連合宇宙軍総司令官。制宙権を担う大軍を一手に管轄する大将である。『エンデュミオンの鷹』の名は今やレジスタンス組織にとっては恐怖の名であり、彼によって幾つもの組織が壊滅している。

マリュー=ラミアスと結ばれ、子を儲け、地位も名誉も手に入れた。一見順風満帆の人生に見えるが、彼の心の中は未だにキラ=ヤマトをこのような望まぬ世界に引きずり込んでしまったという負い目やネオ=ロアノーク時代に行った行為、特に可愛がっていた部下であるステラ=ルーシェ達に対する罪悪感に苛まれている。

表面上は最新鋭の装備を揃えた強大無比な組織となった統一地球圏連合軍。しかし、その実態はかつての大戦による損害と現政権に不満によってベテラン兵士の不足に悩まされている。人員こそ新しい世代によって補われているが経験ばかりは補えず、現在の主力はコンピュータによるシミュレーションで促成栽培された付け焼刃の若者ばかりである。こうした世代交代による弊害はいつか解消される問題ではあるが、残念ながら火種が燻っているのは『いつか』ではなく『今』である。なればこそ、残されたベテランである自分の役目は重大なのだ。そしてそれこそが生き残った自分の贖罪である、そう信じて『エンデュミオンの鷹』は戦い続ける。


物語における役割編集

関連する出来事編集

関連する人物編集

特記事項編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。