FANDOM


プラント併合のデータ
発生日付 CE74 6月
関連人物 シホ=ハーネンフース

シン=アスカ

ラクス=クライン

イザーク=ジュール

ヨアヒム=ラドル

関連組織 オーブ連合首長国

プラント

概略編集

プラント暫定評議会の発足編集

クライン派クーデターにより、プラント評議会は事実上解体された状態であった。そこでクライン派ラクス=クラインを代表議長に据えたプラント暫定評議会を発足した。

暫定評議会の目的は主に以下のようなものがあった。

組織改変編集

併合演説クライン派クーデターを受け、プラントでは併合に向けた準備を急ピッチで進めていった。そのなかでも大きなのがザフトの解体である。

ザフトメサイア攻防戦において混乱の極みに達していた。ギルバート=デュランダル議長(当時)がディスティニープランの発表以降の一連の行動によって、現場を混乱させていたことは疑いようの無い事実であった。

特にザフトが元来「義勇軍」であるという性質上、トップに対する信頼感は命令系統の脆弱なザフトという組織には必要不可欠なものであったと言える。

一例としてイザーク=ジュール隊長率いるジュール隊のメサイア攻防戦での行動があげられる。ジュール隊はメサイア攻防戦において、その時点では明確な敵とされていた戦艦エターナルの防御行動という、戦時反逆罪に問われてもおかしくない行動をとっている。

しかし、ジュール隊は戦後にその罪を問われることは無かった。クーデターにより評議会が解体され、同時にザフトの指揮権も暫定評議会に移譲されたためである。

このことはザフトにとって信じるべき正義の喪失と言ってもよかった。「プラントを守る」というただ一点のみでまとまっていたザフトは、そのプラントを守る存在であるメサイアを攻撃するエターナルを守ったジュール隊を罪に問わなかった結末を目の当たりにした。それは「プラントを守る」というザフトの根本となる前提を覆すことに他ならなかったのである。

ジュール隊に対する処遇が決定した時点で、ザフト内での暫定評議会に対する信頼は地に落ちる結果となる。通常であれば、ザフト内部でのクーデターが勃発するところであろうが、そこでもザフトはその基本理念によりその行動を制限する結果となった。

すなわち、「ザフトプラントを守らなければならない」のである。

結果ザフトの兵士達は自分を見失っていく。あるものは兵をやめ、あるものはオーブ連合首長国への編入を覚悟した。そのいずれもが自らに問い続けていた。「正義とは何か?」と。

その状態を受け、暫定評議会はザフト解体を決定する。これはプラントに蔓延していた厭戦気運にのり、多くのプラント市民の支持を受けた。

オーブにおける組織調整編集

ザフトの解体は行われたものの、兵士達の再就職の受け口は必要とされていた。また、暫定評議会および各種行政機関もオーブ連合首長国の中で明確な位置づけを調整する必要があった。

そこで、暫定評議会はオーブ連合首長国に対して以下の内容での併合を非公式に通達した。

  • 旧ザフト兵のオーブ軍編入
  • プラント行政組織の存続
  • クライン家の首長家導入

プラントの落日編集

プラントは一応の自治権を認められ現在に至るが、実質的にはオーブ属領である。プラント併合に伴って発効されたオーブの法ではプラントオーブは一国となされた。 つまり「オーブ連合首長国プラント自治領」なのである。

当然のことながら、プラントは外交・徴税・防衛といった国家大権のことごとくをオーブ連合首長国に奪われた。 暫定評議会は後に「プラント最高評議会」へとその名称を元に戻したが、政治的実権は失われたままとなった。オーブ本国の決定が無ければ何も出来ず、プラント内での予算の決定すらオーブの許認可が必要となったのだ。 ラクス=クラインは表向きプラント最高議会議長の座にあったが、プラントに帰国することは無く、従来の評議会メンバーがそのまま国内政治と取り仕切った。

プラントがその経済力の源としていた宇宙権益も、オーブ連合首長国のものとなり、ここに至ってプラントは完全にオーブの一地方自治体に成り果てたのである。

物語における役割編集

関連する出来事編集

関連するSS編集

特記事項編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。