FANDOM


デスティニーブラストのデータ
型番 ZGMF-X42SⅡ/MH-03D
種別 モビルスーツ
武装 17.5㎜CIWS×2

ビームライフル×1

フラッシュエッジ3ビームブーメラン『アンサラー』×2

大型ビームソード『フラガラッハ』×1

長射程ビームランチャー『タスラム』×1

掌底部ビーム砲『パルマフィオキーナ』×2

パルマフィオキーナ支援システム『ブリューナク』×2

高出力ECM『フェアリーズ・ミスティーフ』×1

翼部ビームウイング×2

全長 不明
重量 不明
搭載人数 1名
利用組織 リヴァイブ
外見 Destiy blast

特徴編集

メサイア攻防戦にて大破したデスティニーのデータを元に、アメノミハシラが開発した超高性能モビルスーツ。 新型エンジンの搭載により、デスティニーを遥かに上回るパワーを持ち、各武装の出力もそれに伴って上昇している。

本機最大の特徴はエターナルフリーダムのドラグーン対策として搭載された高出力ECM・フェアリーズ・ミスティーフである。これは強力な電波妨害によってドラグーンシステムの操作を制御不能にするものである。フェアリーズ・ミスティーフ(妖精のいたずら)という名称は、使用時に展開させる一対のアンテナが妖精の触覚のように見えることと、その効果から付けられた。


他にも手甲部にはソリドゥス・フルゴールの代わりにパルマフィオキーナの支援システム・ブリューナクが新たに装備された。これはソリドゥス・フルゴールの技術が応用された物で、従来の物と同様にビームシールドを発生させるだけでなく、それを変形させてパルマ・フィオキーナ使用時にマニピュレーターを保護することが可能である。特筆すべきは、従来のパルマ・フィオキーナが奇襲程度にしか使えなかった事に対し、ブリューナクには敵のビームシールドと干渉させることでその防御能力を奪う機能を付加。これにより超接近戦に限られるもののあらゆる防御を無効化させる必殺技といえる程の武装に昇華された。

またパルマフィオキーナとブリューナクを組み合わせる事で様々な応用技に使用できる。そのひとつがフォルゴラーレ・カッツォット(光る拳)である。これはいわば「ビームグローブ」ともいうべきもので、前腕部が展開し拳を中心にした球形エネルギーフィールドを形成する。防御機能と攻撃を同時に兼ね備えた一種の攻性防御フィールド機能であり、これにより攻撃を防ぐ事はもちろん、ビームサーベルや装甲を「握り潰す」「殴り壊す」、抜き手にすれば「貫く」「切り裂く」事すら可能となる。さらにこのエネルギーを凝縮し、従来からある掌のビーム発信機によって射出、真の意味での「光の槍」とする事も出来る。 「ビームグローブ」の大きさは出力によって変化させられ、最大出力時には直径10m以上にもなるが、使用可能時間は短時間に限られる。 この様にこれまでのビームサーベルが切るという性質上、「線」の攻撃だったのに対して「面」の攻撃が行えるのである。 しかし一方でライフルやサーベルを持ったままでは使用できない等の欠点もあり、使い方を考えねばならない面もある。


その他の武装はデスティニーに準じているが様々な改良が加えられている。大型ビームソード・フラガラッハは従来のものをはるかに凌駕する出力を持ち、刀身材質にレアメタルを使用することで従来の対艦刀の欠点であった耐久性を向上させている。加えて刀身の大型化に伴う重量増加を補うための小型バーニアを内蔵した。 身の丈程もある大型の武装故に高い技量を要求するものの、ビームシールドをも切り裂く破壊力を誇る。

共に背部に装備されている長射程ビームランチャー・タスラムはガナーウィザード用オルトロス以上の破壊力を持つ通常射撃のほかに、散弾のようにビームを拡散させる事で複数の敵を殲滅するバックショット・モードが搭載されており距離を選ばない運用が可能となっている。


トリコロールカラーのガンダムタイプでありながらどこか禍々しさを感じさせ、大天使を思わせるエターナルフリーダムとは対照的である。


物語における役割編集

物語後半のシンの愛機


関連する人物編集

シン=アスカ

特記事項編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。