FANDOM


ソラ=ヒダカのデータ
肖像 Sola
性別
年齢(CE78当時) 15歳
生年月日 CE63 12月24日
所属 オーブ連合首長国
階級・肩書き なし
愛機 なし
二つ名 『奇跡の少女』(中盤以降)
登場作品 「Revival」

概略編集

主人公。オーブ連合首長国に住むナチュラル。

偶然シン=アスカと知り合い、成り行きから彼と行動を共にする事になる。その後世界中の様々な人たちとの出会いと別れを経て、人として成長し確固たる考えを持つに至る。

モビルスーツには乗らず、SEED因子も持たないごく普通の少女。控えめな性格であるが行動的で、方向音痴の気がある。

本を読むのが好きで、とにかくジャンルを問わずに様々なものを読み漁っているせいか、妙にマニアックな言葉などを知っている。

両親は物心つく前に戦争で亡くし孤児院に預けられていたが、現在(物語開始時)は支給される補助金とアルバイトで生計を立てながら全寮制の学校に通っている。そのような経緯からか家事全般、特に料理が得意。

両親を失ったショックからか孤独を極端に嫌っている。


物語における役割編集

世界は彼女の目を通して描かれる。全ての矛盾、妥協、悲劇を彼女は感じ、そして「ソラの正義」を見出す。

様々な事柄に触れるにあたり、彼女は自分の中の正義を絶えず揺れ動かされることになる。時にはリヴァイブの行う殺人と言う行為に対して嫌悪感を抱き、あるときはリヴァイブの行動のおかげで満面の笑顔をたたえた子供達を見て、その光景に未来を感じたりもする。

その揺らぎは物語の読み手にダイレクトに伝わるものであり、「賢者の絶対正義VS愚者の試行錯誤」にも直結する。


遍歴編集

関連する出来事編集

カガリ=ユラ=アスハ暗殺未遂事件


関連する人物編集


特記事項編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。