FANDOM


ストライクブレードのデータ
型番 GWE-MP005B
種別 モビルスーツ
武装 ビームアサルトライフル×1

ビームサーベル×2

近接機関砲×2

アンチビームシールド×1

全長 不明
重量 不明
搭載人数 1名
利用組織 統一地球圏連合
外見 Strike blade

特徴編集

統一地球圏連合軍の次期主力モビルスーツ105ダガーの発展形で、状況に応じてレイダー、バスター、アサルト、ガンバレル、フォビドゥン、アクア、I.W.S.Pの7つストライカーパックを作戦に応じて換装して戦う。フリーダムブリンガーがオールインワンの高性能機である事に対し、本機はオーソドックスな構成の機体に、状況に応じて特化した機能を持つストライカーを選択、装備させる事であらゆる状況で性能を十全に引き出す事を可能にした。構造の複雑化を抑えた事で、機体剛性を高めつつフリーダムブリンガーに匹敵する高性能機に仕上がっている。先行量産機6機が試験的に配備された後、正式にCE79年2月以降順次配備になる予定だったがレジスタンスの抵抗運動の高まりを受け、予定を半年繰り上げる事になった。


レイダーストライカーパック(GWE-MP005B/RAD)編集

ストライクブレードの空戦用ストライカーパック。後期GATシリーズのレイダーマサムネから得られたデータを基に開発されたストライカーパック。特に高々度からの強襲能力をストライクブレードに追加する。エールストライカーやジェットストライカーの発展版と言える汎用性の高いストライカーパックで宇宙空間においても統一地球圏連合軍の制式量産モビルスーツの中でも一、二を争うほどの高い機動力を誇る。

追加武装は主翼下部3連装ミサイルポッド。またオプション装備として近接戦闘用の破砕球ミョルニルや3連装ミサイルポッドの代わりにロケット弾、空対地ミサイル 、増加プロペラントタンク、クラスター爆弾などが装備できる。


バスターストライカーパック(GWE-MP005B/BST)編集

ストライクブレードの砲撃支援戦闘用ストライカーパック。他のストライカーと比べ重量が嵩むので機動力が低く、さらに盾を持たず可燃物を満載しているため防御力も低いが火力では他の追随を許さない。武装はビームサーベル以外専用のものに換装され、バックパック右側に一般的なビーム兵器よりも高出力かつ連射の効く、高収束ビームカノン、左側に様々な弾頭を発射する事が可能な電磁レールガン400mm対艦砲、両肩部分には120ミリ対艦バルカン砲とミサイルポッドを併せ持つコンポジットミサイルユニットに変更される。ビームカノンと対艦砲は前後に連結させる事でそれぞれ超長距離狙撃用インパルスカノン広域殲滅散弾砲として運用することができる。


アサルトストライカーパック(GWE-MP005B/AST)編集

ストライクブレードの近接戦闘用ストライカーパックで近接戦に特化している。追加武装は左肩にマイダスメッサー2、右肩に120ミリ対艦バルカン砲、新型シュベルトゲベール 、そしてブリッツに搭載されていたトリケロスを参考にして作られた攻盾システム『デストロイ・バイス』である。デストロイ・バイスは元々グフイグナイテッドのオプション装備として開発されたもので、炸薬を用いて挟むことで相手を破壊する万力のような武装である。その威力は凄まじく、連続使用すればフェイズシフト装甲を展開しているモビルスーツですら圧壊する。但しデストロイ・バイス自体の強度上の問題もあり、通常は敵機を捕縛し盾に使う、投げ飛ばす、近距離射撃で破壊する等の使い方をする。


マリンストライカーパック(GWE-MP005B/MAR)編集

ストライクブレードの水中戦闘用ストライカーパック。フォビドゥンストライカー同様専用武装が中心。水中戦、水中からの奇襲戦に用いられる。旧ザフトゾノグーンアッシュ、連合のフォビドゥンヴォーテクスなどの水陸両用モビルスーツ技術をふんだんに用いており、水中戦で高い性能を発揮する。本ストライカーパックもゲシュマイディヒ・パンツァーを装備しているがその性質上、耐圧用に限定しているためフォビドゥンのものと比べ小型軽量省電力化されているので防御能力は劣る(但しそのおかげで機動力は向上している)。武装は魚雷、接近戦用に炸薬を用いて貫通力を増した実体槍、水中用偏光ビームキャノン(地上でも使用可能)である。水中戦用ではあるが地上での機動性もそれなりに高い。 


ガンバレルストライカーパック(GWE-MP005B/GUN)編集

ストライクブレードの宇宙戦闘用ストライカーパック。メビウス・ゼロ程では無いが空間認識能力の高いパイロットしか使えない為最も稀少なストライカーパック。ただし、戦闘力は非常に高い。武装はガンバレルポッド(コスト節約と回収率向上の為あえて有線式を採用している)×4と右肩の小型ミサイルポッド、両腰に取り付ける射出式ビームリフレクター×4(ヤタノカガミを利用しビームを乱反射させ敵の不意を突くための装備。反射可能域が狭いため使いこなすのは難しい)。ガンバレルポッドはビーム、実弾両タイプが用意されており作戦に応じて変更が可能。


フォビドゥンストライカーパック(GWE-MP005B/FOB)編集

ストライクブレード特殊戦闘用ストライカーパック。 ほとんどの武装が専用となっていて、ベース機からの武装は近接機関砲のみ。火力、防御力ともに高く、空中戦にも対応するが機動力はバスター以下のため、主に艦隊、重要施設の盾として用いられる。原型となったフォビドゥンの強襲形態を取った場合に腕の可動範囲が制限されるという構造上の欠点はある程度解消されている。武装はビームを湾曲させるエネルギー偏向装甲ゲシュマイディヒ・パンツァー、重刎首鎌ニーズヘグ、エクツァーンツヴァイ・レールガン、フレスベルグ誘導プラズマビーム砲。ゲシュマイディヒ・パンツァーはフォビドゥンに搭載されていたものよりも燃費・効果共に強化されており戦艦の主砲ですら防ぎ切る。



統合兵装ストライカーパック(GWE-MP005B/EX)編集

ストライクブレードの万能型ストライカーパック。通称I.W.S.P。ストライクブレードの原型であるストライクガンダム用に存在したものを、アクタイオン・インダストリー社が開発したノワールストライカーのノウハウを取り入れ再設計したものである。武装は背部に高出力ビームキャノン2門、両ウィング前部に対艦刀を装備。出力はアサルトストライカー用対艦刀に一歩譲るものの、強度を維持した上で片手で扱えるレベルの軽量化とサイズダウンに成功している。追加装備として肩部に連装ミサイルポッド、ガトリングガンとビームブーメランを内蔵したコンバインドシールドが用意されている。

全ての面で非常に高い性能を誇るストライカーであるが、全体の重量増加を高出力スラスターを複数搭載する事で無理矢理相殺しているためにパイロットにかかる負担は大きい。さらに製造コストも7つのストライカーパックの中で最も高い為、一部のエースにしか供給されていない。


物語における役割編集

物語中盤から後半にかけて活躍する。 イザーク=ジュールディアッカ=エルスマンの搭乗機である。

関連する人物編集

特記事項編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。