FANDOM


クライン派クーデターのデータ
発生日付 CE74 5月
関連人物 ラクス=クライン

パトリック=ザラ

関連組織 ザフト

クライン派

概略編集

プラントに内在していたクライン派によるクーデター。

メサイア陥落の報から1時間20分後、クライン派は同時多発的に要所の占拠を実施する。議事場、裁判所、各党の事務所、警察署、収容所。それらの占拠は非常にスムーズに進む。

そして、メサイア陥落より9時間15分後。

プラント評議会の占拠をもってプラントの事実上の政府機能は消滅した。

これほどまでにスムーズにクーデターが成功した背景には、クライン派の事前工作がある。クライン派は半ば地下組織として、CE71のパトリック=ザラの暴走以降、プラント内に潜伏し続けていた。

特にシーゲル=クラインの地元であるアプリリウス市において、その勢力は非常に大きなものであった。彼らは独自のネットワークを用いて、常に情報交換を行うことによって、プラントにおける勢力を増していくことになった。

クライン派勢力はその活動の結果、プラントの議事上、裁判所などの要所要所にその構成員を配置することに成功している。

そして、クーデターの勃発の際に彼らは非常に重要な役割を果たしたことは言うまでもないことであろう。

クーデターにおいて、ほぼ無血革命を達成したことはもともとプラントに内在していた厭戦気運に裏打ちされ、プラントをより「非戦」の方向へと推し進めていくことになった。

そして、クーデター成立直後の併合演説により、プラントは「非戦」を形の上で手に入れることになる。

しかし、「非戦」を望むプラントが取り込まれたオーブ連合首長国が戦力による制圧を世界に対して行うことになるのは皮肉以外の何者でもないだろう。

クライン派とは?編集

第一次汎地球圏大戦当時、プラントの政治勢力は二大勢力に分かれていた。 対ナチュラル政策強硬派のパトリック=ザラに対して、融和穏健路線を取っていたのがシーゲル=クラインである。 クライン派とはシーゲル=クラインを支持する一派の事である。 この二大勢力は政官財軍に全体においても分かれていた。 例えばヒルダマーズヘルベルトらは当時からクライン派パイロットとして活動している。

この二大勢力は自分達の調和と和合をプラントに喧伝するためにそれぞれの子息、子女であるアスラン=ザララクス=クラインを婚約させていた。 しかしその後、戦況の悪化が両陣営に埋められない溝を作り、シーゲル=クラインはクーデターの嫌疑をかけられ射殺。 残された彼の娘ラクス=クラインも指名手配を受ける。 シーゲルを失ったクライン支持者達は、ラクス=クラインを領袖に向かえ活動を支援していく。

彼らクライン派のネットワークは幅広く「ターミナル」という極秘情報網や、「ファクトリー」という秘密兵器製造施設まで持っている。 ストライクフリーダムドムトルーパーはそこで作られたようだ。

ザフトに撃墜されたガイアガンダムが後に、バルトフェルドの搭乗機としてアークエンジェルに加わったが、これはクライン派の工作により、輸送途中でロストした事にされ、ファクトリーに運び込まれた模様。 この様に第二次汎地球圏大戦ではラクス=クラインのために、対ザフト諜報戦まで行っている。

「エンジェルダウン作戦」を指揮した老将、ウィラードザフト内に未だアークエンジェルフリーダムガンダムへの信仰が高いことを自覚しており、彼らを直接撃墜することは避けたいと述懐している。(小説版) これはつまりこの時点でザフト内の内部分裂の危険性があることを認識していた証拠と取れよう。

言い換えるならば、クライン派はどこにでも潜んでおり、状況さえ彼らに味方すれば、いつ蜂起されてもおかしくないと考えていたようだ。 そしてそれはオーブ連合首長国ギルバート=デュランダル率いるザフトとの決戦、メサイア攻防戦で証明される。

物語における役割編集

クライン派の実態は、この後どのように統一地球圏連合に取り込まれていくことになるのか。それによりこのクーデターで掲げた理想とのギャップが重要になる。

関連する出来事編集

関連するSS編集

特記事項編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。