FANDOM


キラ=ヤマトのデータ
肖像 Kira
性別
年齢(CE78当時) 23歳
生年月日 CE55 5月18日
所属 ピースガーディアン
階級・肩書き ピースガーディアン隊長
愛機 エターナルフリーダム(EF)
二つ名 軍神
登場作品 「SEED」「Destiny」「Revival」

概略編集

ラクス=クライン直属の親衛隊ピースガーディアンの隊長を務める。 先の二度の大戦を終結させた軍神として称えられ、現体制で絶対的な地位を誇る。

極力コックピットを狙わず、敵パイロットの生命を尊重する「不殺」の理念は全軍人の理想形とされる。

だが実際は報道管制によって撃墜された敵パイロットが生きているところのみが報道されているに過ぎず、彼による犠牲者は数知れない。

自分達に敵対する人間の末路がどんなものかは知っているがラクスカガリの創る平和を乱す敵を倒すのは当然であると思っており、平和を愛する気持ちで彼を上回る者はこの時代存在しないだろう。

物語における役割編集

ラクス=クラインの理想の実行者であり、物語においては最強の敵の位置にいる。

彼女の理想が自らの理想と信じ、言われるままに戦場で戦う統一地球圏連合における「力」の象徴。

不殺を信条としているが、実は彼の銃口によって多くの人の命が失われている事に気づいていない「箱庭の王子様」である。

その世界最強の力ゆえに彼を利用しようとする邪な者達を引き付け、彼らの道具になりつつあるのだが、不幸にもキラ=ヤマトはそれに気づくことが無い。

物語のクライマックスではこの世界の矛盾を全て背負う事になり、それゆえ倒されるのだろう。

遍歴編集

関連する出来事編集

関連する人物編集

特記事項編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。