FANDOM


アスラン=ザラのデータ
肖像 Asran
性別
年齢(CE78当時) 23歳
生年月日 CE55 10月29日
所属 統一地球圏連合近衛監査局
階級・肩書き 近衛総監(階級は少将)
愛機 トゥルージャスティス(TJ)

リヴァイバルジャスティス(RJ)

二つ名 未定
登場作品 「SEED」「Destiny」「Revival」

概略編集

統一地球圏連合首席カガリ=ユラ=アスハの側近にして近衛監査局の総責任者にあたる近衛総監を勤める。統一地球連合軍での階級としては少将。

指揮を執るときはアスラン自らトゥルージャスティスに搭乗し、戦場へと出る。 統一連合軍においてピースガーディアン隊長キラ=ヤマトと双璧を成す歴戦の戦士。

メイリン=ザラとは前大戦後に結婚したが、元恋人のカガリアスランを自分の近衛に抜擢したことがきっかけで亀裂が生じ、すれ違う関係になってしまっている。

物語における役割編集

アスラン=ザラ統一地球圏連合の中で数少ない「善意」の人として描かれる。

ラクス=クラインカガリ=ユラ=アスハが世界を統一した時、彼はこれで戦争の無い理想社会が築かれると信じた。 しかし現実は彼女らに反発する人々を「力」によって圧殺していく日々だった。 アスラン=ザラは誰にも相談できず一人理想と現実の狭間で苦しむが、ソラとの出会いがより広い世界へと目を向けるきっかけとなる。

そしてそれはソラにとっても、戦いあう両陣営の中にも「善意」の人がいるという可能性に気づくきっかけとなった。

遍歴編集

彼の性格を一言でまとめると「生真面目で悩みがちな人」となる。

前々大戦で彼はナチュラルの大量虐殺に走った父のパトリック=ザラを命がけで止めた。

ユニウス7への核攻撃で母を失った怒りを胸にZAFTに入った彼だが、復讐のために相手と同じく虐殺に手を染める父親に対して、疑問を抱いた末の行動だった。 (パトリックは結局、その狂気を目の当たりにした部下によって殺されたのだが)。

しかし、アスランはその経験を経て、精神的な強さを得るにはいたらない。 十代半ばの少年としては無理のないことかもしれないが、いったんは父に反旗を翻したものの、最愛の女性(=母)を失った父の思いを汲んであげるべきだったのではないかと悔やむ日々。

親友のキラ、カリスマたるラクス、恋人のカガリと異なる点はそれである。彼は己の正義に対して常に懐疑を抱いているのだ。そんな彼が「正義」の名を冠するMSに乗るとは何たる皮肉であっただろうか。 彼はそのまま後悔し迷い続ける。


彼がデュランダル議長に従ったのは、その迷いの表れである。二年前に裏切ったプラントに身をささげることで、贖罪意識を満たすとともに、今度こそはプラントを正しい道に歩ませようとした。

しかし、結局はそこに己の信念はなく、単なる代償行為であったがゆえに、彼は再度プラントを裏切ることになる。 デュランダル議長には確かに疑念を抱かれても仕方のない、矛盾した部分はあった。アスランが議長に不信感を抱いたのもある意味では当然だった。

だが、為政者が理想と現実の狭間で一切の矛盾した行動を取らずにいられることはない。多かれ少なかれ、そこには政治家が忌避される原因となる妥協や嘘といった要素が生まれてくるのだ。

生真面目なアスランはそれを許容することはできなかった。 そんな議長を否定し、キラやラクスやカガリの庇護下に走った。

そこに自分の理想があると信じて。


そしてRevival世界において、彼はラクスたちがおこなう正義のもとで、その正義が目指す平和な世界の価値を信じて、剣を振るい続ける。 しかし一方で理不尽ともいえる扱いを受けている人間がいる現実を知って、何とかできないか思い悩む。

一見彼は信念を持っているように見えるが、実はそうではない。 単純に、付き従う対象を固めたというだけなのである。 彼が揺らいでいないように見えるのは、単にラクスやキラ、カガリという不動の大樹に寄り添っているためであるに過ぎない。

そう、彼は「善意」は持っているが、その「善意」を確固とする信念も持っていない。 いまだに自分の「真実の正義」を見出してはいないのだ。


彼はその信念の欠落ゆえに、今でも多くの悲劇を生んでいる。

カガリを拒絶しきれず、愛して結婚したはずのメイリンを幸せにできないのはその最たるものだろう。 彼はメイリンを愛しているのかもしれないが、彼女にその愛を信じさせることはできていない。

「善意」の狭間で苦しむ者。 それが彼、アスラン=ザラの現在である。

関連する出来事編集

カガリ=ユラ=アスハ暗殺未遂事件


関連する人物編集

特記事項編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。