FANDOM


物語のはじまり編集

機動戦士ガンダムSEED Revivalという物語はとある文章から始まりました。


かつて、戦争がありました。 
 
遺伝子操作を受けて生まれたコーディネーターと、自然に生まれたナチュラルとの間の
抗争に端を発した戦争は、世界中の国々を巻き込み、休戦を挟みながら、ようやく5年
前に、オーブ連合首長国主導の元に、終結しました。
 
オーブの代表、カガリ=ユラ=アスハ様は、史上初の統一地球圏連合政府の主席になり、
弟のキラ様、キラ様の奥方でカガリ様の親友でもあるラクス=クライン様と、世界を
お治めになり、人類史上初の恒久平和を完成させたのでした。 
 
今の世の中に不満を持つ人は殆どいません。
皆、にこやかに笑いながら過ごしています。 
ちょっとムシャクシャしても、ラクス様の歌声を聞けば、幸せな気分になれます。
ときどき、街中でこの「世界はおかしい」と叫ぶ人を見かけますが、すぐにSPの方が
連れ去って行きます。何でも、精神を患った可哀相な人なんだそうです。 
 
世界は平和でした。 
カガリ様の統治の元、人々は皆幸せでした。 
 
私もそう信じていました。あの日、あの人に出会うまでは……… 
シン=アスカ

この文章から全ては始まり、物語は紡ぎ出され始めました。

物語の黎明編集

この物語が紡ぎ始められたのは、2ちゃんねるにある新シャア板でした。

「機動戦士ガンダムSEED Destiny」の48話が完了した時期に上記の文章はネットの世界に生まれました。

当時、多くの人々が「機動戦士ガンダムSEED Destiny」の主人公であるシン=アスカの物語上での扱いに不満を感じており、その不満は主人公シンの補完という形で購われるべきだ。そう考える人々がいました。

ラクス=クラインの物語のなかでの主張に疑問を持った人々がいました。

キラ=ヤマトの行動に怒りを覚えた人々がいました。

そんな人々が上記の文章に出会い、ネットの世界で集い、一つまた一つ、物語を紡ぎ始めました。

機動戦士ガンダムSEED Destinyの最終話編集

物語を紡ぎ始めた人々は様々な未来を夢想していました。

最後までシンの勝利を信じるもの。

キラの独善による世界の「予定調和」を予想するもの。

いずれもシン=アスカやレイ=ザ=バレルの信念を信じるものでした。そして、その期待はレイの挫折やシンの主人公らしからぬ扱いなどによって、ある意味における最悪の形で裏切られました。

そこで、一つの議論が起こります。

「俺たちは、この最終回の続きを作りたいのか?」

あるものは続編であることにこだわるべきだ、と言いました。

あるものは描くべきものはあの様な妥協ではない、と言いました。

多くの議論がなされ、あるものは去り、あるものは残りました。

そして、この物語は「最終回を改変する」という結論に至ったのです。

その結果、生み出されたのが「Revival版Destiny最終話」でした。

この物語はこの最終話の後の世界を描いています。どうぞ、このRevival版Destiny最終話をお読みください。安易なレイの妥協も、一方的とも言えるシンに対する「赦し」もそこにはありません。

絶望ともいえるこの悲劇から、シン=アスカは立ち上がるのです。

機動戦士ガンダムSEED Destinyとの違い編集

相違点 Destiny Revival 備考
ルナマリア=ホークの生死 生存 死亡 アスラン=ザラの攻撃により死亡。詳細はRevival版Destiny最終話を参照
レイ=ザ=バレルの「挫折」 挫折 挫折前に戦闘にて死亡 キラ=ヤマトとの会合そのものが無し。それに伴いタリア=グラディスとの会合も無し。
キラ=ヤマトの「覚悟」発言 あり あり 基本的に変更無し
ミネルバクルーの生死 生存 死亡 ヒルダヘルベルトマーズ達により救命ポッドごと撃沈
シンと四者の「和解」 Final Plusで和解 和解どころか理解もせず Final Plusは全面的に非適用

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。